FR - EN - CH - JP

ワイン、フランス文化の象徴

文化の宝石としてワインは、世界中に知られるフランスの美食の核となる要素のひとつであり、昔からフランス人の芸術としての暮らしの中心にありました。

ずっと昔から、フランスは名高いワインの数々を生み出してきました。土壌の多様性、ブドウ畑の日当たりの良さ、質の高いブドウ品種の選択、そして先祖伝来のワインを作り上げるノウハウのおかげで、その栄光を手に入れました。

フランスのブドウ栽培が体系化されて、発展し始めたのは18世紀です。19世紀は、新技術の発達や生産と消費の重要な進歩、そして、品質、商業用の保管、流通の向上という特徴から“ワインの黄金時代”とみなされています。

ギリシャ・ラテンの詩人や画家にとってのインスピレーションの源として、ワインはまた、フランス文化、暮らしと美食の芸術の象徴になりました。