FR - EN - CH - JP

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックとシャトー・マルロメ

アデル・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵夫人は、1883年にジロンド県のアントレ・ドゥ・メール地域にあるシャトー・マルロメを手に入れました。息子で、有名な絵画画家、そしてリトグラフ作家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックは、頻繁にここへ来ていました。彼は、1901年9月9日にシャトー・マルロメで亡くなりました。

アンリは、自宅周辺のパリの街で“モンマルトルの魂”とみなされていました。彼の作品にはムーラン・ルージュや、モンマルトルやパリにあった他のキャバレーと劇場の様子が描かれていました。

パリは人工の楽園としてこの画家を引き付けました。パリは彼の絶望感の解毒剤でした。マルロメは、その柔らかさ、静けさ、そして真実性で彼を魅了しました。

真のワイン愛好家として、アンリは自分のワインに対する深い愛情を次のように、ユーモア精神をもって茶化しました。「牛がブドウを食べるなら、私は牛乳を飲むよ」と。

アンリはマルロメのブドウ園を楽しみ、ボルドー・ワインに飽くことはありませんでした。

有名な画家とボルドー・ワインの組み合わせが、『アンリ・ド・マルロメ』という銘柄で祝福されています。