FR - EN - CH - JP

アンリ・ド・マルロメ

シャトー・マルロメ(マルロメ城)の中庭に茂るオレンジの木の影にアデル・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵夫人は、息子のアンリと食前酒を楽しむための小さな庭を造りました。この息子は有名な後期印象派画家でした。とにかくワインが好きな、ワインに精通した愛好家として、アンリはマルロメのブドウ園と、特にボルドー地方から恩恵を得ていました。毎年、パリにワインを詰めた樽をいくつも送って、自ら自宅でそれを瓶に詰めなおしていました。

シャトー・マルロメ(マルロメ城)の中庭に茂るオレンジの木の影にアデル・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵夫人は、息子のアンリと食前酒を楽しむための小さな庭を造りました。この息子は有名な後期印象派画家でした。とにかくワインが好きな、ワインに精通した愛好家として、アンリはマルロメのブドウ園と、特にボルドー地方から恩恵を得ていました。毎年、パリにワインを詰めた樽をいくつも送って、自ら自宅でそれを瓶に詰めなおしていました。